2016年07月04日

日本語訳詞による ドイツ・レクイエム<日本初演>

土曜日はご縁があって、
日本語訳詞による、ブラームス「ドイツ・レクイエム」を演奏してきました。

私自身は途中参加でしたので、4月くらいからの三ヶ月ほどのお付き合いでしたが、
指導者・本番指揮の西牧先生は、FENICEでも半年間みっちりご指導いただいた先生。

ほぼ、ドイツ語の原語の方を覚えていたので、母国語とはいえ最初は日本語がすっきりせずに
消化不良になるところもありましたが、慣れてくるとすっきりしてきた部分も多く
特に4番などは「いい曲〜♪」と思うほど。

今回好評だったみたいなので、再演もありうるかも?!!

0702.jpg
posted by PIYO at 13:50| 大阪 ☀| 演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

大きな課題。

この二年ほど、大きな問題にぶつかっています。
それは。

師匠探し。

2014年の10月に15歳からの付き合いの師匠が亡くなり、
「いつかはこんな日がやってくるのかも」とは思っていましたが、
それは師匠がよぼよぼのおじいちゃんになってからのイメージでした。
まさか、それがこんなに早くとは。

師匠から求められていた課題も「二年待って」と逃げたままだったのに。
それから半年はダメでした。
こんなに自由気ままに振る舞ってきたはずだったのに
こんなに依存していたなんて。

入っているスケジュールがあるので、それを通常こなすことでなんとか日常から外れることなく生きておりましたが、中身は空っぽでした。
泣いても泣いても涙は枯れることもなく。
頼らずに歩いていたつもりの道は、「守られた中の許された道」だったことを知り。
なにもかも真っ白。

それを心配してくれていた仲間にそっと支えられ、
ぼちぼち歩み始め。

やっと『復帰できた宣言』を言えるようになったと思います!


そして、問題の師匠探し。
こちらもいろんな方のお力添えもあり、まずは聴講やら、体験などやってみようと動き出しました!

これからも動いていきます!!

ご心配をおかけした方々、私は元気です。
前を向いています。


posted by PIYO at 11:08| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

昨日も歌ってきました

昨日はチャリティーコンサートで15分程度のソロ。
歌としては短いものだったので、少しだけ解説をしながら5曲歌いました。

この半年ほど?この演目とずっと関わってきて、
大好きゆえに色々悩みました。
もっとどうしたら〇〇出来るか?!
〇〇には、レガートが、発音が、とか跳躍の音の響きだったり、発声の切り替わりだったり。。。

もちろん、自分で録音を聞き直して修正をかけたりしてのことなんですけれど。。

この曲のおかげで、成長できたかな、と少しでも思える部分があったので
関われてよかったです。

本番の録音を聞き直して、(もちろん、世の中には私よりお上手な方がゴマンといるわけですが)
自分の問題点が少しでも修正出来て、お客様に届いたのならうれしいな、と思います。
お客様からの暖かいお声をいただき、少しほっとした、二公演でした。

さぁ、まだまだやることはたくさん。

次は
7月2日 日本語のドイツレクイエム(日本初演) 合唱
7月21日、22日 ミサ・タンゴ 合唱
の後に
7月24日 チャリティーコンサートで歌います。
posted by PIYO at 11:25| 大阪 🌁| 演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。